大学院概要

情報系工学研究科は,情報工学部における学士課程の教育目標の延長線上にその教育目標を置き,情報技術を活用して,人間及び自然との調和を図りながら高度情報化社会の持続的発展に大いに貢献できるグローバル人材の育成を目指しています.本研究科には博士前期課程(2年)および,それに続く博士後期課程(3年)があります.

システム工学専攻(博士前期課程)

教育方針(ディプロマ・ポリシー)

システム工学専攻(博士前期課程)は、研究者あるいは技術者の立場から、高度情報化社会の中枢となって産業社会の発展を支えていく人材、 幅広い技術的基盤を基に「実システム」の創造的な設計ができる人材、豊かな人間性と倫理観を兼ね備えた人材、 環境変化や産業構造の変化に柔軟に適応できる判断力とコミュニケーション能力を持つグローバル人材の育成を目指しています。
したがって、本専攻では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。
● 工学に対する専門的な知識と応用力を身に付けている
● 現実の複雑かつ困難な問題に柔軟に対処し、解決できる能力を身に付け ている
● 急速に発展する高度な技術社会をリードできる研究能力を身に付けて いる

教育課程の概要(カリキュラム・ポリシー)

システム工学専攻(博士前期課程)は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。
1 情報工学とそれに関連する工学分野の急速な発展に対応できるように、電子情報通信工学、機械情報システム工学及び人間情報システム工学の3つの領域を専攻内に設け、 学士課程との連続性も踏まえ、教育研究を実施します。
2 電子情報通信工学領域では、次世代ICT技術の開発・展開に必要となる情報処理工学、情報通信工学及び情報電子工学の3分野の専門知識を融合的に修得し、 応用力を身に付けるための科目を設置しています。
3 機械情報システム工学領域では、情報工学と機械工学を融合した次世代技術の開発・展開に必要となるソフトウェアシステム工学、 知的インタフェースシステム工学及び機械・エネルギーシステム工学の3分野の専門知識を融合的に修得し、応用力を身に付けるための科目を設置しています。
4 人間情報システム工学領域では、人間の生活支援に関する次世代技術の開発・展開に必要となるインテリジェントシステム、 スポーツ・ヒューマンダイナミクス及び人間支援工学の3分野の専門知識を融合的に修得し、応用力を身に付けるための科目を設置しています。
5 領域にのみ留まらず複数教員による活発な議論と研究指導により、グローバルな幅広い視野と高い応用力を涵養します。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

システム工学専攻は、研究者あるいは技術者の立場から、高度情報化社会の中枢となって産業社会の発展を支えていく人材、幅広い技術的基盤を基に「実システム」の創造的な設計ができる人材、豊かな人間性と倫理観を兼ね備えた人材、環境変化や産業構造の変化に柔軟に適応できる判断力とコミュニケーション能力を持つグローバル人材の育成を目指しています。
したがって、本専攻が求める学生像は次のとおりです。
● 電子情報通信工学、機械情報システム工学、人間情報システム工学等の分野で高度な専門技術者あるいは研究者を目指す学生
● 高度情報化社会の発展に、斬新な構想力と実践力を身に付けた技術者として貢献したい学生
● 専門学術領域を通じて地域産業の振興をリードする意欲のある学生
加速度的に進展する高度情報化社会の中で、産業社会構造の変化に柔軟に対処し、新しい工学分野を共に創造し、新世紀を切り拓く、若さと夢を持った研究指向の技術者を目指す学生の挑戦を期待しています。

システム工学専攻(博士後期課程)

教育方針(ディプロマ・ポリシー)

システム工学専攻(博士後期課程)は、今後ますます多様化、複雑化する社会からの要請に応えるべく、公的研究機関のみならず民間企業において、
情報系の学術分野を現実課題の解決に適応できる研究者及び高度専門技術者を養成することを目標に、専門領域の深化と統合を通じて、
新たな問題を発掘し解決する能力を持つグローバル人材の育成を目指しています。
したがって、本専攻では次の能力を身に付け、かつ修了の要件を満たした者に学位を授与します。
● 工学に対する深い専門的知識と幅広い応用力を身に付けている
● 自らの得た成果を地域・世界に向けて発表するグローバルな情報発信能 力並びに地域・国際社会で活躍できる能力を身に付けている
● システム工学の研究に対する理解に基づいた高度な倫理性を持ち、科学 的基盤に基づいて研究若しくは教育を実践できる能力を身に付けている

教育課程の編成(カリキュラム・ポリシー)

システム工学専攻(博士後期課程)は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成しています。
1 情報工学及びその関連分野である電子情報通信工学、機械情報システム工学、人間情報システム工学の3つの領域を専攻内に設け、 学生は希望する研究分野に応じていずれかの領域に所属します。
2 電子情報通信工学領域では、情報処理工学、情報通信工学、情報電子工学の3分野を設け、専門領域における先端的研究を実施します。
3 機械情報システム工学領域では、ソフトウェアシステム工学、知的インタフェースシステム工学、機械・エネルギーシステム工学の3分野を設け、 専門領域における先端的研究を実施します。
4 人間情報システム工学領域では、インテリジェントシステム、スポーツ・ヒューマンダイナミクス、人間支援工学の3分野を設け、専門領域における先端的研究を実施します。
5 所属領域の講義から高度な専門知識を修得するとともに、所属外領域の講義の履修により知識の展開力を錬成します。
6 領域にのみ留まらず複数教員による活発な議論と研究指導により、グローバルな幅広い視野と高い研究能力を涵養します。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

システム工学専攻は、今後ますます多様化、複雑化する社会からの要請に応えるべく、公的研究機関のみならず民間企業において、情報系の学術分野を現実課題の解決に適応できる研究者及び高度専門技術者を養成することを目標に、専門領域の深化と統合を通じて、新たな問題を発掘し解決する能力を持つグローバル人材の育成を目指しています。 したがって、本専攻が求める学生像は次のとおりです。
● 情報処理、情報通信、システム工学などの分野において、理論や技術を深く修得し、新たな問題を発見し解決することによって、産業社会に貢献することに情熱を傾ける学生
● 産業社会の多様な要請に応えるべく、既存の枠組みにとらわれない総合的・先端的知識や技術を切り開くとともに、企業活動を社会貢献に導くことを希求する学生
特色ある3学科を基礎にする岡山県立大学大学院情報系工学研究科において、自らの専門分野の深化と他分野との複合化・融合化を通じて、自ら問題を発見し解決できる総合的能力を身に付けることを期待しています。