大学院[情報系工学研究科] Graduate School of Computer Science and Systems Engineering

大学院お知らせ

一覧

情報工学の教育と研究を発展・深化

情報工学部における教育と研究をさらに発展・深化させる目的で、情報系工学研究科が設置されています。

博士前期課程(2年)では、高度な内容の研究を行い、修了すると修士(工学)の学位が授与されます。

それに続く博士後期課程(3年)では、前期課程での教育・研究をさらに発展させ、独立した研究者の育成を目指します。修了すると博士(工学)の学位が授与されます。

専攻・領域

博士前期課程

  • システム工学専攻情報とそれに関連する工学分野を3つの領域に分類しています。学士課程との連続性を踏まえ、領域にのみ留まらず複数教員による活発な議論と研究指導により、幅広い視野を培い、研究内容をより深化させ、高い応用力を養うことができます。3領域の名称と主な研究内容は次の通りです。
  • 電子情報通信工学領域次世代ICT技術の開発・展開に必要となる情報処理工学、情報通信工学及び情報電子工学の3分野の専門知識を融合的に発展させる研究
  • 機械情報システム工学領域情報工学と機械工学を融合した次世代技術の開発・展開に必要となるソフトウェアシステム工学、知的インタフェース工学及び機械・エネルギーシステム工学の3分野の専門知識を融合的に発展させる研究
  • 人間情報システム工学領域人間の生活支援に関する次世代技術の開発・展開に必要となるインテリジェント・システム、スポーツ・ヒューマンダイナミクス及び人間支援工学の3分野の専門知識を融合的に発展させる研究

博士後期課程

  • システム工学専攻技術者・研究者の育成を目的とし、専門領域の深化を図っています。
  • 電子情報通信工学領域情報処理工学、情報通信工学、情報電子工学
  • 機械情報システム工学領域ソフトウェアシステム工学、知的インタフェースシステム工学、機械・エネルギーシステム工学
  • 人間情報システム工学領域インテリジェント・システム、スポーツ・ヒューマンダイナミクス、人間支援工学
ページTOP